2018/6/12 ATMOS NAMBA


まいど! atmos 難波店の山田です。

 

私事なのですが実は当方、最近いたく気がかりなことがありましてですね、それというのも何故か自分のYou Tubeチャンネルにアニメ「BLEACH」(週刊少年ジャンプ 久保帯人氏作)の動画がおススメで出てくるのでございます。

 

 

もちろん何ら問題ではないのですが、当方基本的にはアニメ等は鑑賞致しませんので、はてなぜなのかと小首をかしげて考えてみたところ、そういえば最近

「刀匠 古川清彦 ~日本刀のできるまで(日本刀制作)」

なる動画を鑑賞したなと思い当たりました。刀繋がりですね。

 

さてこれがなかなか興味深い内容でして、(詳しい内容は割愛させて頂きます)やはり日本文化に携わる職人の技術というものは敬服せざるを得ない迫力がございました。

その作りの細やかさやデティールに手間暇惜しまない姿勢、21世紀の今こそ鑑みるところがあるのではないでしょうか?

 

職人やべー、かっけーなと過ごす日々の中、再入荷いたしましたのがこちら。

コンバース CONVERSE ONE STAR J 「made in JAPAN」

ワンスターのMADE IN JAPANモデル。
ワンポイントのスターとシンプルなカラーリングが特徴の一足。
生成りテープ、コットンシューレースを使用。 オリジナルカートンボックス仕様。
アウトソールは耐摩耗仕様。

(CONVERSE.JP  WEB 参照

 

なんてシンプルな説明なんだ、、、押せるとこいっぱいあるのに、、、と思ったのですが、否。安直ございます。

 

やはり職人てやつは寡黙で無駄はやらないのでございます。

 

そんな寡黙な職人さんに代わり追記を少々。

 

 

まずポイントはこの「ONE STAR」という一足について。

実はこの「ONE STAR」、リリースは1968年。軽率に呼び捨てにしておりますが、大先輩でございます。

当時リリースされていたモデルに使用していたレザーの安定した供給が困難となり、製造期間は4年間のみで、一部のコアなファンの間で幻と呼ばれていたモデルなのです。

 

そしてその根強い人気が再販を後押しし、今に至る。

 

まず今、こうしてまた履けることに感謝感激でございます、はい。

 

 

しかし、そこは21世紀に生きる職人、あくまでただの懐古主義ではございません。

 

 

今回のモデルの大幅な変更点といえばこちら、この独特なアッパーの質感でしょうか。

こちら当時(1960~70年代)の品質やデザインをきちんと踏襲し、その上で「ガラスコーティング」なる加工をレザーに施しているのです。

一見光沢があり高級感のある素材感なのはもちろんですが、ポイントは履きこんでいった後。

よくみなさん使う「アジ」という言葉。これがなかなかどうして厄介な言葉でして。

 

手入れしたうえでも「汚れ、イタみ」と「アジ」には大きな違いがあると思うのですが、このコーティングは履きこむ程によりツヤ感にむらがでてきて、より洗練された一足に仕上がっていきます。

 

あまり多くを考えずに丁寧に履きこんでいっていただければ、自然に老齢された雰囲気が出てくる一足かと!

例えて言うなら、この幻の一隻「ONE STAR」号は「アジ」に向かって面舵いっぱい全速前進てなわけであります。

 

 

カラーも三色ばっちりそろっているので是非店頭でそのクオリティを確かめてみてください!

 

ではでは。

 

 

 

P.S  船の話で思い出したのですが、当方,週刊少年ジャンプなら「BLEACH」よりも「ONE PIECE(尾田栄一郎氏作)」派です。

 

 

 

 

 

atmos NAMBA

大阪府大阪市中央区難波1-6-12 虎やビル

TEL 06-4708-3825

TIME 10:00-21:00

 

https://www.instagram.com/atmos_namba/?hl=ja